クリスマスになぜ玄関の扉にリースを飾るのか?

最近では、クリスマスの12日間というのは、室内に緑を飾るだけでなく、
玄関の扉にリースをかけます。とてもクリスマスらしい雰囲気のあるリースが手頃に見かけるようになりました。毎年、使い回しができるので、一度お気に入りのリースを購入しておけば、毎年クリスマス気分を沢山味わえます。そもそも戸口のリースは以前北アメリカで良く見かけられたものですが、イギリスでも近年あちらこちらで見られるようになったのは、アメリカの映画の影響が大きいのです。

t02200225_0410042013172716952

冬にリースをかける習慣は。古代ローマまで遡ることができます。古代ローマでは、新年の祝賀は12月31日から1月4日まで続いたのですが、この時、贈り物を交換するのが習わしだったのです。さまざまな品物が贈られたのですが、もともとは常緑樹の枝を贈って祝いました。この意味は、健康の女神ストレニアにちなんで「ストレニア」と呼ばれています。現代の人たちは、クリスマスに親しい友人と酒をのみかわすとき、「健康のために」と乾杯をしますが、ローマ人にとっては、1年を通じてみずみずしい緑の枝を贈る行為に、この「健康のため」にという思いが込められていました。贈り物に付加価値をつけるために、自然と枝を折り曲げて、円形状するのも流行りました。

こうした思いを持って、ローマ人は、もらったリースを入口に飾りました。

現在では、自分でリースを購入しますが、厳密には古代ローマの伝統を引き継ぐのであれば、外にかけていいリースは、人から贈ってもらったものになります。

リースを飾る風習は、古代ローマ時代から現代にまで引き継がれているので、驚くものです。そのような歴史を感じることができれば、クリスマスもより感慨深くなります。

クリスマスのデザートのクリスマス・プディング

1年で最も有名な祝祭としてクリスマスがあげられるが、その有名な時期の代表的な料理として、いまでこそ有名な七面鳥があります。これは、16世紀に新大陸からもたらされたもので、その前はブタかイノシシがクリスマスのメイン料理でした。

そして、有名なクリスマス・プディングについてです。

イギリスにはプディングは欠かせません。プリンはプディングが訛ったものだが、クリスマス・プディングは、日本でいうカスタードのプリンとは違っています。(日本のプリンはフランス生まれです)

そもそもクリスマスプディングは中世にフルメンティと呼ばれていた一種の粥のようなものです。それが16世紀終わりごろにプラム・プディングに変化していったもので、アルコールと干しブドウが一杯入った、濃厚で重たい味の蒸しケーキです。さらにこの上にブランデーやバター、クリームをかけて食べるのですので日本のイメージのプリンとは全く違っています。

たとえば、成城石井のスーパーに行くと、クリスマスシーズンであれば、その時期世界で食べられる食材をみることができます。

クリスマス プディング ↓

t02200216_0400039313114126370

そして、イギリスのピューリタンタン革命は、祭りの伝統に様々な抑制をかけたが、このプディングも被害を受けました。それは、プディングに使用されている材料があまりに豊富すぎて、清貧の思想とは逆であると、神を畏れ敬うピューリタンの精神に反したのです。

しかしながら、18世紀に、ジョージ1世の時代になって、プロテス

タントからも「バビロンの売春婦が発明したものだ」として、批判を受けましたが、なんとか再び復活しました。このような流れから現在のイギリスの食卓に並ぶ代表的な晩餐を彩るデザートになったのです。

ヴィクトリア朝のアルバート公は、イギリス社会に今日のクリスマスの習慣を根付かせた存在ですが、このプディングもヴィクトリア朝にはすでに現在のような形になっていたのです。

プディングには13種類の材料によって、作らなければならないという伝承があり、その13の意味は最後の晩餐を意味します。12使徒にイエスをくわえた13です。また地域によっては、材料が少し違っていました。

そのよう歴史をしって、クリスマスプディングを今年は食べてみましょう。

WEBサイトを画像サイズ縮小で早い表示を

通販サイトの運営上でどうしても画像ファイルが大きくなるのは避けられない。そのため、サイトの質を上げるためにできることとして、ファイルサイズを縮小があげられる。グーグルアルゴリズムにとってもなるべく早くサイトのページを表示できることは、必死の条件であるので、少しでもファイルサイズを減らしてみることが必要である。

そこで、
役立つツールが「Tiny PNG」(https://tinypng.com/)というものでPNGやJPGのサイズを十分に画質を落とさずに、同じくらいの見栄映えでファイルサイズを落とすことができる。高度なロスレス圧縮である。これだけでも画像を沢山使用しているサイトであれば、相当サイトを軽くすることができる。枠の中に画質縮小したい画像をドロップするだけで自動的に表示されるので、あとはダウンロードするだけで、なによりも写真の質が変わらないのがうれしい。

グーグルの「PageSpeed Insights」でもファイルのダウンロードのスピード評価と対処方法が書いてあるので、こちらも同時に参考にすると、時間がかなり早くできる。ただ、少し難しくてわからないところがあるが、できそうな点から改善をしたい。

さくらサーバーでは、「mod_expires」が使用できるので、WEB画像のキャッシュの有効期限を設定してみるとかなり早く表示されるようになった。他にもサイトの表示が早くなる方法が沢山あるので試してみたい。

現在作成しているサイトは、表示に非常に時間がかかってしまったので、その対策をしたのが、画像の縮小やキャッシュの有効期限を設定したサンタコスプレ通販(http://www.santa-cosplay.com)である。それによって、かなり軽くなっているので驚いた。検索順位になにか影響もあるかもしれないので、サイトのファイルを軽くしておいて、損はない。

また、「CSSスプライト」「gzip圧縮」もできるとさらに早くなるので、時間があればやっておきたい。

通販サイトを作成する上で大切なのは、やはりキレイなわかりやすい画像があって、訪問者がイメージしやすいことである。そうしないと小さい画像や文字だけでは、売り上げが非常に悪くなる。しかし、大きな画像を入れ込めは表示が重くなるので、上のような対策が必至である。とくにスマホなど小さい5インチ程度の画面で見る時は、PCの表示で見えたものがスマホでは詳細が見え無いことも生じる。最近の傾向としては、かなりグーグルはスマホ重視しているので、スマホを意識したサイトへ変化することが必要である。売り上げもほぼ、スマホが占めてきているので大きなことになる。

サイトのスピードが遅くて困っている人には是非上記の対策をすると驚くほど早く表示されるのでおすすめだ。

【FREE Photos Life】piotrpix.com

人物写真の切り取りができるとサイト作成が楽しくなる

PHPの学習が間に合わず、結局地味にHTMLのサイト作成している。
時間の節約に大幅に役立つのだが、今回は後回しにした。

サイトが大きいのでとにかく地味な作業が続く。
結局、予定通りの作成ができずに、モチベーションがダウン。
最近のグーグル使用は、全く分からず非常に大変さを感じる。
訪問者によって有益で見やすくて、滞在時間がながくなるサイト。

なかなか時間ばかりかかり根気が必要である。
サイトの第一印象が訪問者には重要だが、
写真をいかに使用するかによって出来が違ってくる。
そのためにも、写真の人物の切り取り作業をする必要がでてくるが、
最近GIMPHOTOというものがあったことを知った。

すぐにダウンロードしたが、無料でここまで使用できるのは
ありがたい。
もちろん、photoshopを購入できればいいのだが、
あまりお金をかけずに写真画像編集をしたいのであれば、
GIMPやGIMPHOTOで十分である。

自分は、なぜかFIREWOKSが使いやすいので使うことが多くなるが。
あとphotoshopを安く手に入れる方法としては、ヤフーオークションで
かなり安く手に入るので調べる価値がある。

とにかく写真の切り取りが必要だが、
原サイズが大きいほど、切り取って縮小した時、
全体の見た目がキレイになる。

雑に写真を切り取っても、ハロウィン衣装コスプレで有名な【ハロウィン衣装仮装通販専門店】(www.halloween-season.com)
のようなサイトにあるカテゴリー写真は簡単に作成できるもの。なので、参考にしてみては。
初心者との違いは明らかにここに差が出るものだ。
始めて写真を切り取りできた時は自分自身感動したものだ。
たったこれだけで、サイトの価値がかなり上昇するので、
調べて簡単でもいいのでやり方を知っておくべきである。

あとは、fotoliaなどのロイヤリティーフリー素材、写真を購入して貼り付けるだけ。
ここは2000万枚もあるので、探しがいがある。自分のサイトにぴったりなものを探そう。
ここのベストセラーを見ておくと、チラシや広告ですぐ見かけるので、どこから購入しているかが
わかるので、なんとなく裏側が見えている気がしてうれしくなる。
いずれにても視覚の影響力の大きさを知っていると、写真ほどわかりやすい効果があるものはない。

【FREE Photos Life】piotrpix.com

Smarty/PHPでの画像写真表示

現在、サイト作成中で奮闘中である。
APIコードを取得して、画像をダウンロードして
自分のサイトにアップロードする予定で、
今、いろいろ調べ始めたところだ。

なぜ、APIコードを取得して、PHPやSmartyなど
を使用する必要があるかというと、

自分のサイトにそれなりの訪問数があるのだが、
サイトの画像が小さくて見にくく、イメージが湧きづらいからである。
そのため、多くの収益のチャンスをのがしてしまっていることがあげられる。

要は、集客してコンバージョン率を上げるには、
どうしても画像の表示について工夫が必要だと
わかったからである。競争相手と比較すると
明らかに購入につながらないからである。

そして、なによりも時間の節約が必要だということ。

いま、調べ始めたばかりだが、
PHPやSmartyは非常に時間の節約と収益の増大に
役立つツールなので、アマゾンで専門書を
注文している。

予想した通りに売れなくて、落胆してあきらめそうになっていたところ、
切羽詰まって、解決策が見えた感じである。

ここに至るまで、随分遠回りをしている感じがするが、
やっとPHPやSmartyの必要性に気付けたことをOKとする。

初めてCSSを学んだ時のような難しさがあるが、
時間をかけて学べば、理解できるのだから、
習得が楽しみである。

収益につながることが非常に楽しみである。

Smartyをさくらのサーバーにアップする方法は
あまり検索で見つからず、まずは、ロリポップサーバーで
作動させるつもりだ。とにかく作動させてから
またさくらサーバーに設置を試みる。

手探り状態である。
ロリポップは月105円のココリポコースでもSmartyは作動するので助かる。

また、作業報告をしていきたいと思う。

【FREE Photos Life】piotrpix.com

ハロウィンサイトのデザイン力

サイト作成にあたって、デザイン力が必要になる。
ショップ通販であれば、せっかく集客できてお客さんがHPへ来店してくれても
どんなに内容が良くても、直帰率が高まり、そのショップHPから離れてしまう。

ただのブログであれば、どんなデザインであっても、素人っぽくなっていても構わないと
思うが、ショップ作成に当たっては、コンテンツだけでは、売上につながらないのが実情だ。

ショップ通販で成功するには、お客さんの視点に立つことが求められるため、
売りたい気持ちが先行するサイトデザインやサイト構成では、成果につながらない。
あくまでもお客さんの視点からサイトと作成する必要がある。
これがないと継続して収益を生み出すことができなくなるものだ。

ついついやってしまう傾向があるので気を付けたい。

集客というSEOを含めてシンプルにカテゴリーをまとめて、
サイトにあった文章を完成させた時、

仕上げにあたるのがホームページデザイン力である。
これはセンスと経験が必要で、ほんの少しのデザインの訂正で
驚くほどホームページの滞在率が上がり、直帰率が下がるのはよくあることだ。

お客さんは、第一印象でそのホームページのサイトショップのイメージが
決まってしまう。厳しいようだが、最近のグーグルでは、
おそらく滞在時間・直帰率などが影響しているのは間違いがないので、
サイトのデザインがショップであれば特に重要となる。

なので、最初は、「サイト訪問者は文章など読んでいない」と思ってよい。
一瞬見たイメージで最初のフィルターを付けることなる。

その点をよく注意してサイト作成が必要だ。

サイト作成ソフトであれば、なるべくなら、
DREAMWEAVER(ドリームウィーバー)やILLUSTRATER(イラストレーター)
やFIREWORKS(ファイヤーワークス)やPhotoshop(フォトショップ)など
揃っていると心強い。やはりプロっぽく作成できる。
フォトショップなければGIMPで十分な機能があるので足りる。

デザイン力をあげるためには、写真を有効利用すると非常に出来栄えが良くなる。
有料だが、フォトリアなどのサイトも参考になる。

今は、ちょうどハロウィンの時期なのでハロウィンのサイトを作成しているが、
検索順位での競合を見てみると、デザイン力があるところが一人勝ちしている。
もちろん他の要因であるSEOが重要だが、
圧倒的な差をつけて目立つ。写真なども多く使用している。

サイトショップ作成を考えているのであれば、
やはりデザイン力を学んでおくと将来役に立つ。
もちろん。HTMLやCSSも学びたい。
そして、そのうちにPHPも学ぶ必要が出てくるので、
知っておくとアドバンテージになる。

とにかく、ショップ作成は総合力が必要なので、
学び続けていきたい。

【FREE Photos Life】piotrpix.com

CMYKで看板制作

お店の電光掲示板の制作を初めてチャレンジしてみた。

イラストレーターでの作業だが、知識面において素人レベルからの
スタートだったので、なかなか難しく、全体像を理解することに
時間がかかった。当然こういった作業は、外注したくなる気持ちも
十分に理解できた。しかし、毎度外注して頼むよりは、
自分で自由に制作をしたいので、長期的視点をもって、
時間とエネルギーを費やして学んで、
何とか完成させることができた。

特に難しくて悩んだのが、画像写真について

・HPなどで使えるJPGが使えず、CMYKに変換しなければいけないこと。
→ これは、フォトショップでRBGからCMYKに変換するのが通常だが、
もっていなかったので、GIMPで対応することで可能になった。
デフォルトのGIMPでは変換できないので、
それにプラグインを追加する必要がある。

もうこれだけで、調べるのにものすごく時間がかかったしまった。

・看板制作用に合わせる画像のサイズについて、
なかなか理解できなかったので、
同じサイズで統一させて、CMYK画像にするのに、
えらく時間がかかった。
画像は購入したのだが、看板に合わせるサイズに合った、ものを
選び、あとは、トリミングして同サイズにすることが
大変だった。

・自分のやっていることが正しくできているか
判断確認できる基準経験がなかったので、
どこまでやればいいのか?
作業し忘れたところはないか?
すごく時間がかかった。

結局、印刷屋さんの方で
最終確認してくれるのだが、
それなりに調べないと不安になるので、
しっかり調べたらいいい。

まあ、きりがなくあるが、
完成した時の満足感は、
久しぶりにパソコン作業していて
大きかった。

CSSを理解した時。
初めてHTMLを理解した時。
MTやWPを導入した時。

いろいろあるが、
これからも学んでいきたい。

最近の案内だが、Wインパクトシステムという塾がある。
ネットビジネスに興味あれば、ご参考に。
あくまでも紹介だ。

これからネットビジネスを始めたい方

これからネットビジネスを始めたい方は、多くいると思いますが、

一番の疑問は、何をすればいいのかがさっぱりで取り組もうとしても

全体像が見えないだけにやる気がでなくなります。

アフィリエイトという言葉を知っても、少し検索してみても、

種類が多く大変そうなイメージがある。

相当なやる気がないと挫折しそうな世界である。

いくら稼いでいるなど、いい結果の話はよく聞くが

美味しい話ばかりで、実際にどれだけ努力して

収益を上げるシステムを作ったのかは、

聞かない。

ただ、簡単に売り上げて夢のような生活が待っているというものばかりだ。

アフィリエイト初心者には優しくないような世界でも、

ネットビジネス・アフィリエイト初心者用ガイドがあれば

無駄なエネルギーを使わず、少しづつ学び道先がわかってくる。

それがどこにあるかが問題なのだか、

確実に多くあり、どこで出会うかがが最初の入口として

非常に重要だ。

詳しい人がいても、教え上手でなければ、意味ないし、

教えるだけの労力をどこまで出してくれるかが問題だ。

なのでどうせなら、自分のペースで学べるものを見つけたほうが良い。

一通りアフィリエイトについて学べるところ、

しかも最初なので、お金なるべくかけないでやる気が維持できるもの。

見つけました。

→ 一点突破アフィリエイト無料メール講座

ここであれば、有料級の補助教材もただでもらえて勉強できます。

ここのいいところは、順序通りに

サイトアフィリエイト・SEO・PPCアフィリエイト・ステップメールなど

さらに応用編もあります。

まずは、ここからスタートしてみるといいかもしれません。

ゆっくりと将来への投資として焦らず、進めるのが一番だとおもいます。

頑張ってください。

 

 

 

8gates エイトゲイツ

エイトゲイツという6か月の塾がスタートする。

ちょうど15日スタートだが、ネットビジネスに興味があり、副収入が入ればと

すこしばかり、真剣に探している人には絶好のチャンスですし、将来への投資になります。

アフィリエイトの報酬を上げるための素材が十分に揃っているので、はじめやすく、

いきなりプロレベルの素材またステップメール原稿を手に入れるのができるのでいいのだ。

その他初心者が始めるにあたって、段階的に学べるようになっているのでネットビジネスの基礎を学ぶのに絶好の機会である。

参加費用さえ学べなければ、全額返金というのだから、安いはずです。

自分で一人独学するよりカリキュラム・プログラムがあったほうが結果的に早いです。

そんなオススメなエイトゲイツ塾です。興味あれば上のリンクからぞどうぞ。

エイトゲイツのレビュー 口コミサイトあります。

家でできる仕事なのでうまく収入が入ってくると、自由な時間の使い方ができるよになります。

この時すごく、自由を感じられます。誰にも干渉されずに在宅でできる仕事なので、ストレスがありません。より楽しくなります。

唯一のストレスは売れ始めてから、しばらくして売れなくなった時のストレスです。

今まで普通に売れたときが当たり前になるのでハードルが上がってしまうのですね。

 

 

 

 

12月24日のクリスマス

クリスマスの季節。きれいな画像が取れるチャンスが多いシーズンです。

クリスマスのお話ですが、よく「クリスマスイブ」という言葉を使用しますが、

クリスマスのイブのイブは「前日」の意味ではなく、実は、「夕方」という意味なんですね。

西洋では、昔日没から一日が始まることになっていて、24日の夕方には、「クリスマス」に入っているものと考えれました。

多くの人が意外としらない雑学です。

あと12月24日はイエス・キリストの誕生日ではないのも有名ですね。記述には誕生日が正確に残っていないようです。

サンタクロース衣装が赤なのもコカコーラ社の戦略でそうなったという話も聞きます。

いろいろと由来を調べると発見がありたのしいものです。

また、12月25日から1月6日までを「十二夜」と呼びますが、

もともとは、冬の象徴の悪霊などが外をうろつく危険な期間であると考えられていて、

様々な魔除けの儀式もおこなわれていたようです。

【FREE Phto Life】piotrpix.com